FC2ブログ

そして訳が分らない世界へ!仁義なき研修② バイト研修


にほんブログ村
前回より社長の「ゴルァ~」攻撃の洗礼を事務所で浴びた、
可愛そうな「おいちゃー」

とりあえず10時になり、ウルトラマンエース警備(仮名)の
中間管理職らしい指令役の人が
会社の庭で、交通誘導警備の指導研修をやってくれる事となった。

a0008_002283_m.jpg
夜間バイト想定なので赤色誘導俸を持って、
車を止めたり、流したりする想定で
シュミレーション訓練する訳だ。

指令役さんもガタイはデカイが、社長と反対で温和な人物で
自ら動きを示しながら、丁寧に
おいちゃーに指導してくれていた。

で おいちゃーも指令役の動きを真似ながら
おだやか順調に研修は進んでいたのだが・・・・・・
そう 社長が様子を見に
二階の事務所から下の庭に出てくるまでは・・・

~降りて来て研修を見ていた社長が突然口をはさんでくる~
社長「ゴルァ~おいちゃー!なんだその車を止めにいくタイミングは、
いったい今 何メートル先想定で車が来てるんだっ!!」
おいちゃー「20メートル先から止めに行ってるつもりです。」
社長「はあっ!その視線は20メートル先じゃないで!」
おいちゃー「はあ、でもまだ実際 現場に出て立ったことないので、20メートルの感覚が
よく分からんのです。」
社長「ゴルァ~ 20メートルは20メートルじゃーなんでわからんのじゃー?」
おいちゃー「いや、目測感覚がまだつかめてないので・・・。」
社長「ゴルァーなんで目測感覚がつかめんのじゃー?」
という感じでクエッションマン???攻撃を社長が繰り出し始めた。





とにかく かましまくって何でも言う事を聞く
ロボット人間を製造したいのかな??

以後もそんな感じでささいな動きのクセを見つけては、
「ゴルァ~なぜそうなる?」「なぜだ?!」
の繰り返し・・・・・
まあ おいちゃーが黙って聞いてりゃ良かったんだろうが、
丁寧に答えていたので、
この手の人の変なスイッチが入ったのでしょうな。!(爆)

研修後、指令役さんにもなんだか社長は怒鳴りちらしておりました。(゚∀゚)

今後を考えるとこのような芸風の会社はまずいなと、このあとで
おいちゃーは、さっさとウルトラマンエース警備(仮名)を辞めましたとさ。
まいった まいった!
つづく





スポンサーサイト

「ゴルァー!」マン現る!!仁義なき研修 ① バイト研修


にほんブログ村
♪「果てしない~闇の向こうへ」と、
バイト探しという壮大な現実の旅に走り出した、
孤高の人生ランナー「おいちゃー」

ついに面接に合格しセカンドワーク候補となった
ウルトラマンエース警備(仮名)に
本業の休みに警備研修に出掛けた。


午前10時より研修開始という事で、
およそ9時45分には着いて、
会社の事務所に入る。

おいちゃー「おはようございます!よろしくお願いします。」
すると事務所にいた、
恰幅が良すぎる例の社長が、
いきなり おこりだしたのである。
社長「ゴルァーいま何時じゃー」
おいちゃー「はあ、約束の15分前の9時45分です。」
社長「ゴルァー30分以上前に来んかいー
警備実技研修前に読ます資料もあるんじゃーこの時間じゃ
ろくに読めんわーわかったか!!!!」
おいちゃー「はあ。。それはすみません。」
社長「そんじゃまず、10時まで コレ真面目に読んで!!」
とまあ いきなり効かされた状態で、
資料を渡され面食らう訳である。

それなら9時半までに出社しろと言えばいいのに、
どうやら 警備実技研修時給を少しでも、
ケチりたいのでしょうな。
しかしそもそも警備資料読みも
研修のうちに入るのでは
ないだろうか?
あと最初から効かせておいて、
コントロールしやすい
従業員化を計るのが、
仁義なき社長の得意戦法なのでしょう~

そして始まった
交通警備実技研修はますます
混迷の度合いを深めて行くのであった!!
「わしゃーこまったけん のう!」
♪チャララーチャララー
つづく












警備面接三社目で、仁義なき社長が。。。  バイト探し


にほんブログ村
仕事内容の割にバイト料が少なく感じる、
パチ屋閉店掃除に見切りをつけた、
バイト界の歌舞伎者
「おいちゃー」
は夜勤バイトの基本、
警備業に再び目をむけ、
都合 三社目となる
募集広告が出ていた
ウルトラマンエース警備(仮名)という
警備会社に面接に、
出掛けた。

警備会社の事務所に入ると
なんだか威圧感のある巨大な神棚が目に入った。
そう よく任侠映画で目にする
アレですよあれ。

オバサン事務員さんに、
社長室の方で面接をするので、
あちらにどうぞ!と促され
そちらの部屋のほうへ歩く。
どうやら社長直々に
面接をしてくれる様だ。

ドアをコンコン!
社長「はい、どうぞ!」
その声はドスが効いていた。
おいちゃー「失礼します。」
と部屋に入ると大きな木彫デスク
にどっかり巨体の50代位の男が座っていた。
そして睨みをきかせて、おいちゃーを一瞥すると、
デスク前の応接セットの椅子に着席を、
促した。

この重量感からして社長に間違いないだろう。
第一ここは社長室なのである。
ふと気付くと
横にある家具ショ―ケースの中に、
実物と見間違えそうな、
拳銃のモデルガンが展示されてあった。

どうやらこの社長、相手を威嚇するのが
好きなのですな。
この時点でちょっと 可笑しくなってきたのだが、
そこは面接
我慢して
おいちゃー「おいちゃーと申します。どうぞよろしくお願います。」
と立って挨拶し、
木彫デスクの社長に履歴書を
差し出した。

社長「経歴はちゃんと全部 正直に書いてくれたんかの~」
と初っ端から牽制のジャブを放ってきた。
この様に踏み込んで来るタイプの人物は
面接で
まず お目にかかった事が無い・・・
異質なタイプの社長という認識を持って、
まず間違いな無いだろう。

通常 普通人であれば半ビビり状態となるのだが、
おいちゃーは自営業が本業なので、
その手の人に接することもあり、
まあ だいたい慣れているのである。
とにかく無用な刺激はいけない・・・
おいちゃー「はい、経歴は全部記入させてもらいました。」

そこから二 三質問があって、
そのあと
社長は厳しく社員を指導しているので
うちの会社は事故が殆んどないというムネの話を、
ながながと語りはじめた。
社長「安全が第一だろ、おいちゃーさん?」
というような質問を
話の合間にドスのきいた声で聞いてきて、
相槌を求められる。

早く終わらないかなーと思っていると、
やっと面接終了となった。

とりあえず採用と相成り、
本業は 休みの日にウルトラマンエース警備(仮名)
の仕事研修に出発したのだが、
これがとんでもない仁義なき研修だったのである・・・・!!!
つづく
















パチ屋の掃除でパチパチパッチン! バイト探し


にほんブログ村
日本を代表する遊戯施設、・・・それはパチンコ屋
そこは人々・・大人たちの
楽しんで勝って良い思いをしようという、
欲望・歓喜と失望が渦巻く、
レジャーランドなのである。


今からそのパチ屋での勝利法を
研究してみよう・・・
まてまて違う!、このブログは
セカンドワークバイト探しなのだ!!


それである日某パチ屋の
閉店時 清掃スタッフ募集が出たので
応募した。

午後10時半~午前12時半まで二時間で
これが いつもと違って
あっさり採用となったのである。

通常 あっさり アサリ汁的な
簡単採用職場は、
人の出入りが
激しくて 常に補充要員を探しているパターンが
多いのだが、ここはどうだろう?

バイト1日目 掃除の段取りを教わりながら、
一通りこなす。
バイト2日目 前日は指導者がお手本がてら半分くらい、
割り当てをやったが、この日からほとんど自分がやる。
段取り憶えが大変で、しかも仕事量も多いので、
大汗をかいて疲れて終える。
バイト3日目 この日より指導者のフォローも殆んどなく、
必死に狭い通路を右往左往してパチンコ台下のカウンターや
通路掃除、箱磨きをするも、
担当部分12時半までに終わらず…
他の方との流れ作業的な部分もあるので、
指導者が 頑張ってくださいよ!
的なことを言ってきた。
大汗激務で
時給900円台・・・・・・・

やはり予想どうり・・・・
例のパターンか・・・・。

ということで、
パチ屋清掃あばよ!!
次 行ってみよう~!
つづく











またまた鈍器雑貨店(仮名)へ面接へ! バイト探し


にほんブログ村
どうも日本アルバイト応募連盟委員長「おいちゃ―」です。

日雇いバイトの通勤時間ロスに嫌気がさした
おいちゃーは、
地方オープン時採用に落ちた鈍器雑貨店(仮名)に
再チャレンジすることにした。

開店から一年たち
初期のアルバイトも辞めるものが
出だしたようで、
また補充要員が募集されだしたのだ。

おいちゃーは見た目からして
気品にあふれているので、
前回の駐車場や清掃志望から、
今回は深夜時間帯のブランド品係に応募してみた。(爆)

面接当日
バックヤードから事務所に入るよう
指示され、
裏から事務所の中へ。。。

なんだか事務所には大量の作りおきPOPがあったり、
若者バイトや社員がワイワイしてたりして
社風なんだろうが、賑やかで雑然としていた。

で、すみの応接コーナーでエントリーシートを
書いた後面接。

まあこの頃にはまず採用は無理だろうが、
ひょっとして?
みたいな
瓢箪からコマ精神になっている訳で・・・・

面接官「ブランドコーナー担当志望ですか?でレジスターを
     扱った経験は?」
おいちゃー「ありませんけど、頑張ります。」
面接官「・・・・・・・・・・。質問がなければこれで。」
後日 結果は不採用~
まあ そんなもんだろうな。
つづく











効率悪くて こりゃだめだ!!  日雇いバイト


にほんブログ村
はてさて、日雇いバイト仕事のストックがある
派遣会社に登録し、
本業の休日にアルバイトしはじめた、
「おいちゃー」

イベントの展示物搬入と搬出、
新規やリニューアル開店店舗内での
棚整理とか雑用、
そんな仕事をやっておりました。

引越しとかは、明らかにハードそうなんで
やってましぇん~
なんせ虚弱体質なもので・・・・・。

て言ってもイベントの仕事も
けっこう
キツかったですけど。

ところで どれもこれも
おいちゃーに回ってくる仕事は、
住んでる所から、
車で片道一時間半以上かかる
現場ばかり・・・・・・・・。

登録してすぐ
仕事が出来だしたのは良いですが、
遠方なので他のスタッフが
嫌がる現場だったのかも?

往復3時間も時給がつかず、
少々の運転手当てでは、
割にあいましぇん~。

やはり固定した職場の
バイトを探さねば・・・・・
俺は見つけてみせるぞ、
夜勤バイトを!!
バイト界の輝く北極星になるのだ!!!
夜空

と日雇い仕事の帰り道、
夜空を見上げて誓う
おいちゃーなのでした。
つづく








奈落の底であがく おっさん!   バイト探し


にほんブログ村
頑張っていたセルフガソスタ監視アルバイトの
深夜営業廃止で、
お払い箱となり、
セカンドワークの副収入という
あまい蜜を、
吸えなくなった悲しき
「おいちゃー」

まさに気分は奈落の底さベイビー!

まだまだ不景気は継続中で
稼ぎがほしいぜ!!

ということで
日雇い仕事のある派遣会社にも登録し、
本業の休日には
バイトすることにした。
a0150_000159.jpg


これがなかなか大変だったのである。
つづく




一枚の張り紙から再び暗闇へ  バイト終了


にほんブログ村
なんだかんだ、しんどさを乗り越え
月10日の
徹夜 セカンドワークを、
4か月ほど続けてきた
「おいちゃー」

そんな ある夜
バイト先のモーレツ石油 ピヨピヨ店(仮名)に
PM10時前に出勤すると
大きな貼り紙が・・
そこには
来月より
営業時間短縮のお知らせ
AM8時~PM10時まで営業
顧客各位よろしくお願いします。

と書かれてありました。

んんっ
深夜やめとるやんけ~


そう実験的にセルフ移行時
深夜営業してみたものの、
儲からんから、
深夜営業 さっさっと
撤収ときたもんだ!!!

おいちゃー「・・・・・・・・・・・。。。。。。。。」

♪まっさかさーまーに落ちてデザイアー

来月からまた
バイト探しか・・・・
つづく







かけもち仕事は甘くないでっせ!! バイト中


にほんブログ村
さて月のうち 稼ぐため
10日は不眠不休でセカンドワークを
深夜ガソスタでやりはじめた、
a0002_001454.jpg
みんなのトリックスター「おいちゃー」

朝7時までガソスタで働いたあと、
帰宅してのシャワーは必須~!!!
なぜなら徹夜すると変な脂がいっぱい頭や身体に
出るんですわ。

そのあと本業開始が朝9時から!
やはり独特の ねむけ、だるさが・・・・・・
しかも頭はぼうっ~としとります。

冬場は身体も冷えまくり、寒さがこたえるんですわ・・
気を付けないと、
おしっこの後
ちびり気味になりまっせ~ ヾ(・∀・)ノ

これが夕方からはだんだん楽になってきて
ナチュラルハイになるのですけれどね!
本業終えて
ビールでも飲むと、
よく効いて すぐ酔ちゃいますわ!
そして泥のように爆睡眠。
さてこのバイト 長続きできるのでしょうか?
つづく







拭きマクリマクリスティーな夜!  バイト中


にほんブログ村
さて深夜のセルフガソスタ監視アルバイトである。

基本的にお客の給油操作が安全に行われているのを
確認して、
給油許可ボタンを押せばいいのである。

がっ
世の人を使っている者の特性として、
「思いっきり働かせなきゃ損!!」
という思考が常にある訳だ。


という事で
深夜 来店車の少ない時間帯に、
やれゴミ箱のゴミをかたづけておけ、
ほれ部屋を清掃してモップがけもしておけ、
トイレ掃除も忘れるな!
という感じで
ボタン押し以外 ほとんど清掃員扱いなのである。

きわめつけはガソスタ周囲のえんえんと続く
防火壁、
壁をぐるっと、ぞうきんで拭いておけ!!
ふきマクリマクリスティー状態
ときたもんだ。

系列店の研修時 ほとんどおじいさんに近い
先輩バイトさんが、
俺はこれらすべてを、完璧にこなしているぜ!!
という自信満々のセリフを言い、
洗濯洗剤
アタックの様な爽やかな輝きの表情をされていました。

なんだかな・・・・・。。。。。
そしてセルフガソスタにやがて朝の光が
差し込んでくるのでした。
つづく












プロフィール

おいちゃー

Author:おいちゃー
中高年世代のおいちゃんです。
「おいちゃー」と呼んでね!
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR