FC2ブログ

仁義なき面接!やばいぜ、壮絶圧迫社長登場!!日本一記念企画

にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ
にほんブログ村

バイト探し、バイトにありつくのを
焦るとき、
人は時にとんでもない会社に
出くわしてしまう・・・・
今回はそんなお話です。

※仁義なき面接・研修 面接地獄編
バイト面接というステージで
滑稽に踊る、
バイト界の歌舞伎者
「おいちゃー」
は夜勤バイトの基本、
警備業に再び目をむけ、
募集広告が出ていた
ウルトラマンエース警備(仮名)という
警備会社に面接に、
出掛けた。

警備会社の事務所に入ると
なんだか威圧感のある巨大な神棚が目に入った。
そう よく任侠映画で目にする
アレですよあれ。

オバサン事務員さんに、
社長室の方で面接をするので、
あちらにどうぞ!と促され
そちらの部屋のほうへ歩く。
どうやら社長直々に
面接をしてくれる様だ。

ドアをコンコン!
社長「はい、どうぞ!」
その声はドスが効いていた。
おいちゃー「失礼します。」
と部屋に入るとでっかい木彫デスクが・・
その後方
にどっかり巨体の50代位の男が
ゆったりしたチェアに座っていた。
まあ、はっきり言って
デブである。

ふつういくら面接者といえども、
起立して来客を
迎えるものだが、
そのあたりから仁義はないのだろう。





社長はニコリともせず
厳しい視線の
睨みをきかせて、おいちゃーを一瞥すると、
デスク前の応接セットの椅子に着席を、
促した。

この重量感からして社長に間違いないだろう。
第一ここは社長室なのである。
ふと気付くと
横にある家具ショ―ケースの中に、
実物と見間違えそうな、
拳銃のモデルガンが展示されてあった。


どうやらこの社長、相手を威嚇するのが
好きなのですな。
この時点でちょっと 可笑しくなってきたのだが、
そこは面接
我慢して
おいちゃー「おいちゃーと申します。どうぞよろしくお願います。」
と立って挨拶し、
木彫デスクの社長に履歴書を
差し出した。

社長「経歴はちゃんと全部 正直に書いてくれたんかの~」
と初っ端から牽制のジャブを放ってきた。
この様に踏み込んで来るタイプの人物は
面接で
まず お目にかかった事が無い・・・
異質なタイプの社長という認識を持って、
まず間違い無いだろう。

通常 普通人であれば半ビビり状態となるのだが、
おいちゃーは自営業が本業なので、
その手の人に接することもあり、
まあ だいたい慣れているのである。
とにかく無用な刺激はいけない・・・
おいちゃー「はい、経歴は全部記入させてもらいました。」

そこから二 三質問があって、
そのあと
社長は厳しく社員を指導しているので
うちの会社は事故が殆んどないというムネの話を、
ながながと語りはじめた。
社長「安全が第一だろ、おいちゃーさん?」
というような質問を
話の合間にドスのきいた声で聞いてきて、
相槌を求められる。

早く終わらないかなーと思っていると、
やっと面接終了となった。

とりあえず採用と相成り、
本業は 休みの日にウルトラマンエース警備(仮名)
の仕事研修に出発したのだが、
これがとんでもない仁義なき研修だったのである・・・・!!!

午前10時より研修開始という事で、
およそ9時45分には着いて、
会社の事務所に入る。

おいちゃー「おはようございます!よろしくお願いします。」
すると事務所にいた、
恰幅が良すぎる例の社長が、
いきなり おこりだしたのである。
社長「ゴルァーいま何時じゃー」
おいちゃー「はあ、約束の15分前の9時45分です。」
社長「ゴルァー30分以上前に来んかいー
警備実技研修前に読ます資料もあるんじゃーこの時間じゃ
ろくに読めんわーわかったか!!!!」

おいちゃー「はあ。。それはすみません。」
なぜか40代のおっさんが、
おっさんにおこられている・・・・

(´;ω;`)
dandakeyIMGL4709_TP_V1.jpg


社長「そんじゃまず、10時まで コレ真面目に読んで!!」
とまあ いきなり効かされた状態で、
資料を渡され面食らう訳である。

それなら9時半までに出社しろと言えばいいのに、
どうやら 警備実技研修時給を少しでも、
ケチりたいのでしょうな。
しかしそもそも警備資料読みも
研修のうちに入るのでは
ないだろうか?
あと最初から効かせておいて、
コントロールしやすい
従業員化を計るのが、
仁義なき社長の得意戦法なのでしょう~

そして始まった
交通警備実技研修はますます
混迷の度合いを深めて行くのであった!!
「わしゃーこまったけん のう!」
♪チャララーチャララー

とりあえず10時になり、ウルトラマンエース警備(仮名)の
中間管理職らしい指令役の人が
会社の庭で、交通誘導警備の指導研修をやってくれる事となった。

夜間バイト想定なので赤色誘導俸を持って、
車を止めたり、流したりする想定で
シュミレーション訓練する訳だ。

指令役さんもガタイはデカイが、社長と反対で温和な人物で
自ら動きを示しながら、丁寧に
おいちゃーに指導してくれていた。

で おいちゃーも指令役の動きを真似ながら
おだやか順調に研修は進んでいたのだが・・・・・・
そう 社長が巨体を揺すりi与太歩きしながら、
様子を見に
二階の事務所から下の庭に出てくるまでは・・・

~降りて来て研修を見ていた社長が突然口をはさんでくる~
社長「ゴルァ~おいちゃー!なんだその車を止めにいくタイミングは、
いったい今 何メートル先想定で車が来てるんだっ!!」

おいちゃー「20メートル先から止めに行ってるつもりです。」
社長「はあっ!その視線は20メートル先じゃないで!」
おいちゃー「はあ、でもまだ実際 現場に出て立ったことないので、20メートルの感覚が
よく分からんのです。」
社長「ゴルァ~ 20メートルは20メートルじゃーなんでわからんのじゃー?」
おいちゃー「いや、目測感覚がまだつかめてないので・・・。」
社長「ゴルァーなんで目測感覚がつかめんのじゃー?」
という感じでクエッションマン???攻撃を社長が繰り出し始めた。

とにかく かましまくって何でも言う事を聞く
ロボット人間を製造したいのかな??

以後もそんな感じでささいな動きのクセを見つけては、
「ゴルァ~なぜそうなる?」「なぜだ?!」
の繰り返し・・・・・
まあ おいちゃーが黙って聞いてりゃ良かったんだろうが、
丁寧に答えていたので、
この手の人の変なスイッチが入ったのでしょうな。!(爆)

研修後、指令役さんにもなんだか社長は怒鳴りちらしておりました。(゚∀゚)

今後を考えるとこのような芸風の会社はまずいなと、このあとで
おいちゃーは、さっさとウルトラマンエース警備(仮名)を辞めましたとさ。
まいった まいった!
これは実話です、皆さん地雷企業にお気を付けて下さいね!!

PS 後日研修2時間はやったのに、最低時給1時間分しか
   給料袋に入ってませんでした・・・(。´・(ェ)・)
ではまた!!


スポンサーサイト

パフィーの出来損ない登場!!「牛丼屋好きキス!」仮名 バイト面接。日本一記念企画

にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ
にほんブログ村

企業が拡大・急成長しているときは、
とにかく若手の優秀な人材が必要で採用を急ぐ・・・
しかし中には、
妙な者が紛れ込み、教育不足もあり
そいつが、
わがまま放題をふるまうケースがある・・・
今回はそんな面接担当者に当たった
おいちゃーのお話です。

みなさん こんにちは。
おいちゃーも、せっかくなら いろいろなバイトをやった
経験を語りたい・・・・・

しかし悲しき日本の現実である。
おいちゃんバイト不要主義らしきものが、
巷のサービス業に蔓延し・・(蔓延して欲しいのはiいちまんえん~)
仕方なく
おいちゃーがやがてたどり着く、
ベストバイトまでの苦悩する
面接の日々を皆様にご報告している
ブログに、特化しとる訳です。涙

前回の居酒屋に 真っ先に帰らされた「おいちゃー」は
不倒不屈の精神で、
牛丼屋の深夜バイトへのチャレンジを決意したのだ。

現在では黒色企業のイメージが先行してしまう、
「牛丼屋好きキス!」仮名 である。

またまたバイト面接予約を、「牛丼屋好きキス!」仮名
求人応募コールセンター的なところに
電話~
例のごとく氏名や連絡先を教え、
面接希望日を調整してもらう。
求人テレオペ「当日、履歴書は持参しなくててもOKですが、顔写真・身分証明
をお持ち下さい。」
おいちゃー「わかりました・・・・・・」
あれっ?なんか「居酒屋わっきー」仮名 と形式が同じみたいだぞ・・。
おいちゃー「ところで私 40代なんですが大丈夫ですかね?」
求人テレオペ「当社はアルバイト採用に、年齢は関係ございません。」
おおっと ここで、
フラッシュダンス!じゃなしに記憶がフラッシュバック!!!

居酒屋も同じこと言っていたな・・・





求人受付テレオペの年齢関係ナッシングを信じて、
「牛丼屋好きキス!」仮名の面接予約を取ったよ。

で当日 期待に胸を膨らませながら、
バイト希望店舗に!

「牛丼屋好きキス!」仮名 店舗の中に入りバイトらしき若者に、
「面接に来ました。」と伝えると、
なんと客席の方を指さし、
あの方が面接いたします、と教えてくれました。

そこには おそらく30代のTシャツにジーンズを履いた、
女性が座っていたのです。
店長ですかね?特に名乗りませんが・・・
「おいちゃーさん、ここにどうぞ。」と案内され、
「バイト希望エントリーシート記入して下さい!」と
「居酒屋わっきー」仮名 同様のバイトエントリーシート記入を、
指示されました。
あの 学歴、職歴その場でいちいち書くのも煩わしいので、
履歴書で良いのじゃないですかねー?
年くうと 書くこと多いし 急に書くのも時期の
記憶が定かでないですし・・・。
要するにバイト想定が若者なんでしょうな!

書いてると、なんともう一人
おそらく30代のTシャツ女性が面接応援に来ました。
先の女性の手招きで
こちらも特に名乗らず、
ここ失礼しますとも言わず、店長らしき女性の横に座り、
ニヤニヤしながら女性同士で話してます。

この時点でおいちゃーは、相当気分害しました。
店長女性らしき一人で年上男性を面接するのが、不安なのかも知れませんが、
同僚をわざわざ面接の立会いに呼び、
自分らの名も名乗らず、
2人ともTシャツにジーパンです。

結局 適当感満載なのですよ。
どうも前回のところも、ここも
おいちゃー印象として、
のちに黒色企業と呼ばれる会社は、
おいちゃんが面接に来るのを迷惑がってる態度がみえみえな訳ですな!

なんかホントにヤな感じ・・
そんじゃ最初から遠回しにそれとなく伝えればいいじゃん!
DSC_0120.jpg

まるでPUFFY(パフィー)の出来そこないみたいな
白系プリントTシャツに、ジーンズというファッションの
30代女性2人組に
「牛丼屋好きキス!」仮名 深夜アルバイトの面接を受ける事になった、
可愛いおいちゃー!

バイトエントリーシートに記入し終わると、
店長らしき30代女性「深夜から明け方の時間帯はお客さんは少ないですが、
調理具の清掃とか新しい仕込みなんかあるので、
思ったより体力が入りますが
大丈夫でしょうか?」
おいちゃー「ええ、大丈夫だと思います。」
と答えると店長らしき女性が「だと思うですか・・」
と言い
相方の女性とニヤニヤしながら、
若干 吉本新喜劇団員ふうに前のめりずっこけポーズを
とっていました。
しかし実際問題やってみないことには絶対大丈夫と、
言いきれませんからねー
おいちゃーは意外と正直者なのですよ!!

店長らしき30代女性「ええと、制服サイズはLL位ですね。
では おいちゃーさんの方から何か質問はありますか?」
おいちゃー「やっぱり調理はだいぶ出来なくてはいけませんか?」
店長らしき30代女性「えっ!うちは基本 調理の仕事ですよ。」
おいちゃー「いや それは分かるのですが、包丁さばきの技術とか
だいぶ必要ですか?」
店長らしき30代女性「ああ それは殆んど使いませんので大丈夫です。」
とイマイチ噛み合わない会話をしました。

それで終始なんだか上から目線で人を
値踏みする様な雰囲気を、
この
PUFFY(パフィー)の出来そこないみたいな2人組は、
醸し出していたのでございます。

店長らしき30代女性「では採用なら今日中に電話させてもらいますので。」
ということで面接は終わりましたが、
案の定
その日 電話はなかったのであります。やっぱりね!!

とこのように 後の世の黒色と呼ばれる2大企業は、
年齢は関係ないです!と応募テレオペが言いつつ
おいちゃーのケースでは、しっかりハネておるのでございます。

立派な理念と夢を掲げても実際の現場では違うことが行われている様な・・・・

まあ人使いも荒らそうなんで、
当時採用されなくて良かったですわ!!
黒色指摘に反省して早く世間が認める白色企業になって
下さいね!
「居酒屋わっきー」仮名さん!「牛丼屋好きキス!」仮名さん!
以上~

つづく



プロフィール

おいちゃー

Author:おいちゃー
中高年世代のおいちゃんです。
「おいちゃー」と呼んでね!
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR