脇汁がほとばしる!バイト史上最大のピンチ・給油許可ボタン画面が消えた夜!!

にほんブログ村 就職バイトブログ アルバイトへ
にほんブログ村
今世の中でおいちゃーブログを表示したスマホ・タブレット画面に向かい、
両手を使いながら、
胸の前でハートマークを作る魅惑女性が増えている( ^ω^)・・・
そんな夢を見た気がしたおいちゃーです。

あれは雨が激しく降り、給油監視室の湿度が上がっていた、
不快な夜でした。
監視モニターを凝視しているだけなのに、
額にじりじりと汗がにじむ・・・
しかし通常通り、大雨の中での来店車は、
何の問題もなく各レーンで車にガソリンを給油していたのです。

我々セルフガソスタ監視員は、お客さんが
問題なく給油機械を操作し、
静電気除去シートに触れてから車の給油口に
ガンを入れるのを場内監視モニターで安全を確認して、
隣にある各レーンの
液晶画面の給油許可ボタンを押します。
そこではじめて
ガソリンや軽油が出はじめるのです。

つまり大きな場内監視モニターと許可ボタン液晶モニターが並んで
いる訳です。

それで順調に時間が経過し、
その夜午前一時を少し回り、雨の中の
来店車もめっきり少なくなったので、
あと小一時間で勤務交代時間だな!と少し緊張が緩んだ時でした。

フッ。。。
何かそんな静かな音がかすかに聞こえた様な気と、
嫌な胸騒ぎが全身を駆け抜けました。


通常の当ブログですと、ここで幽霊の登場ですが、
この夜はそんなヤワな夜ではなかったのです。

給油車のお客さんがいなかったので、
おいちゃーは給油監視室の異変・胸騒ぎの原因を考えはじめました。
そのとき
監視室のドアの前に人影が・・・・
「おうっ~おうっ~おはようさん~」


と例の異様に早く出勤してくる
後番勤務の交代要員、クソマジメおっちゃんが来ました。

とまあここでいままでなら( ´艸`)笑いとなるところでしょうが、
恐怖はここからです。
クソマジメさんとの挨拶もそこそこに、
前を見回すと、オヤッ!!
給油許可ボタンがある液晶画面が真っ黒だ!!
消えてる・・・・


うおおおおおおおおおおおおお
これでは許可ボタンが押せんぞー

まずい・・まずいぞ。。。。
焦りで脇汗がにじみはじめるおいちゃー。

それに気がついた機械音痴なクソマジメさんも
「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。」
とあわてはじめます。まあパソコン音痴でもあり無理もありません。
S20170330010015_TP_V.jpg

その時一台のお客さんの車が2番レーンに入ってきました。
素早く液晶画面の電源ボタンとコードを確認するおいちゃー。
そこには異常なし、
しかし許可ボタン画面は真っ黒に消えたまま。。。

やがてお客さんは給油ガンを車の給油口に差し込んだので、
許可を促すチャイム音がピンポンと鳴り始めます。
ここはお客に事情を説明し、
営業を止めなければダメだろうか????
脇汗が最大限に滲みました。
給油許可したくてもタッチボタンが消えてる・・・・・汗・脇汁

「どうなるんじゃ!どうなるんじゃ!」
クソマジメじいちゃんはやはりパニくってます。
そこでおいちゃー瞬時に閃きました。
液晶画面はタッチパネル式です。
明るさは失われても、感度・感覚センサーは生きてるかも?

そこで液晶画面2番レーンの許可ボタン位置は
感覚でわかるので、
真っ黒な画面の中
そこをタッチしてみたのです。

ピッ!!
軽快な許可音と共に、
お客さんの車への給油が開始されたのです。

「おうっ~おうっ~給油できとる。おうおう許可できる。」
と後番勤務のじいちゃんは、
顔をくしゃくしゃにして喜んでいました。(爆)
俺(゚д゚)・・・・・・・とにかく良かった。。


翌日びっくりするくらの修理料金で、
許可ボタン画面は元の状態に戻った様です。・・(注)業務用機器は一般と違い出荷数が少ないので、
単価が高くなる。

バイト人生最大のピンチを乗り切った「おいちゃー」
こうしてセルフガソスタの平和は守られたのでした。

つづく





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

おいちゃー

Author:おいちゃー
中高年世代のおいちゃんです。
「おいちゃー」と呼んでね!
よろしくお願いします。

最新トラックバック

カテゴリ

デフォルトカウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR